toggle
FRP製品を笑顔と共に

FRP薬液タンクの廃棄処理

※FRP廃棄物処理事業の開始に関する記事はこちら をご覧ください。

※FRP製塩酸貯蔵タンクの改修/補修に関するページはこちら です。

 

高耐薬品性、高耐水性、高強度、高剛性といった特性を生かし、化学プラントの薬液タンクに用いられているFRP(Fiber Reinforced Plastic:繊維強化プラスチック)。FRPの薬品に対する耐性が高く、適切な補修/改修は長寿命化が可能ですが、最終的には廃棄する必要があります。

FRP は主に強度や剛性を担う強化繊維と、高い耐水性や耐薬品性を有する有機物質の樹脂(高分子)を組み合わせた「複合材料」であるため、廃棄に伴う材料取り扱いに専門知識が必要です。

さらにFRP薬液タンクはFRP 単体ではなく金属との複合体として用いられ、廃棄処理する際にはFRPという材料に対する知見はもちろん、FRP 成形体や FRP 複合成形体の構造を理解した上で、徹底的な分別を行うことが必須といえます。

当社ではFRP薬液タンクの製品設計、製造、そして補修、改修といった30年以上の経験を踏まえ、FRP薬液タンクの廃棄前処理、並びにFRPとそれ以外の材料の徹底した分別を行った上で、廃棄物処理を行う専門パートナー企業とのネットワークを活用し、FRP薬液タンクの適切な廃棄を行います。

 

ご依頼までのステップ

Step 1 こちらのページ よりお問い合わせください。

Step 2 廃棄予定のFRP薬液タンクに関する情報の収集を目的とした打ち合わせを実施します(打ち合わせはFRP薬液タンク設置の現地で行う場合もあります)。

Step 3 打ち合わせの情報を踏まえ、見積り金額を提示します。

Step 4 見積りに同意いただいた後、現地で廃棄予定のFRP薬液タンクを洗浄後、現地または当社にて解体作業を行い、廃棄処理を実施します。

Step 5 処理完了後、マニフェストを発行いたします。

 

 

FRP薬液タンク廃棄法

① 現地にてFRP薬液タンクの洗浄を実施。

② 現地、または企業においてFRP薬液タンクの解体を実施。

③ パートナー企業において、当社監修のもと、FRPと金属部品等の徹底した分別実施。

④ FRPは当社監修のもと、パートナー企業の特殊設備によって圧縮後に廃棄処理実施。金属部品等はリサイクル、または廃棄処理を実施。

⑤ 処理完了後、マニフェスト発行。

 

実施例

 

準備中