toggle
FRP製品を笑顔と共に
2021-07-01

月刊プラスチックス(日本工業出版)2021年7月号に寄稿

( The image above is referred from https://www.nikko-pb.co.jp/products/detail.php?product_id=5093)

 

日本工業出版 様からの依頼に応じ、月刊プラスチックス (日本工業出版)2021年7月号に以下の内容で特集記事を寄稿し、掲載されました。

FPR特殊塗装工法(R)の成り立ち~耐蝕性発現のメカニズムと特徴〈GFRP材料形態由来の強みと実績ある耐蝕樹脂の機能を融合〉/株式会社FRPカジ/佐藤政志
FRP特殊塗装工法(R)はビス系ビニルエステル樹脂を主成分とする高耐薬品性マトリックス樹脂に、強化繊維であるガラス繊維を組み合わせることで、材料そのものの機械特性、物理特性を向上した。本稿では当該工法の特徴とメッキ/表面処理工場での暴露試験結果について述べる。

 

本雑誌の概要はこちらからご覧いただけます。

 

本記事ではFRP特殊塗装工法(R)の開発の背景、仕様、特性、適用事例と効果、暴露試験による耐蝕評価について述べていますが、

特にメッキ工場や表面処理工場においての薬品ガスによる腐食は問題となっています。

一般的な塗装と比較して費用対効果が見込めることで将来的なコスト削減になり、さらに不良品削減、危険削減にもつながります。

 

FRP特殊塗装工法(R)により、メッキ工場、表面処理工場、薬品を扱う企業での一助になることを願っています。

 

関連記事