toggle
FRP製品を笑顔と共に
2021-04-07

50年間暴露したGFRP成形体の評価について

本社工場周辺を片付けている際に前身のFRP製造会社が50年前に製造したゴルフ場用カートの

天井部や住宅関係、鉄道関係のFRP製品を製作するための生産型等が曝露状態であったので

回収しました。

当社ではこの50年前の成形体に対して長期劣化に関しての評価を行う事に決定いたしました。

‐引張試験:破断伸び、弾性率、ポアソン比、破断強度を評価し、最新GFRP引張試験結果(またはゲルコート層の厚み評価)と比較。

‐FT-IR:不飽和ポリエステルが長期間暴露によって、加水分解が進んでいるか否か、またはそれ以外の構造変化があるかについて考察。

 

※当社R&DセンターにてGFRPに関する技術相談、材料試験・寸法検査等技術評価受託を行っています。

詳しくはこちらをご覧ください。

お知らせ

※当社が行う上記評価以外でご興味がある研究機関・大学等の方はこちらよりお問い合わせ下さい。

関連記事