toggle
FRP製品を笑顔と共に
2020-03-15

当社が「月刊 機械設計(日刊工業新聞社)」の記事内で紹介されました

当社が「月刊 機械設計(日刊工業新聞社)」の記事内で紹介されました

https://pub.nikkan.co.jp/magazines/detail/00000933

 

月刊 機械設計2020年/4月号

【連載】これからの設計者に必須のFRP活用の基礎知識

第16回FRPリサイクルの現状と課題、そして必要な取組み〉

筆者 FRP Consultant株式会社 吉田州一郎 様(筆者HPはこちら

 

〈今求められるGFRPのライフサイクルに向けた取り組み〉にて

当社をご紹介していただきました。

当社は昨年4月より技術相談において「FRP廃棄物処理事業」

展開しており、FRPやその複合体の廃棄物処理を適切に実施するための

指示体系を協力企業と共に構築し、サプライヤチェーンを整備いたしました。

これによりFRPやその複合体の廃棄物処理に特化した地球に優しい事業を

展開しており、

令和2年1月からは当社R&Dセンタ-にて技術相談事業を移管し

引き続き「FRP廃棄物処理事業」を行っています。

 

 

FRP廃棄物処理について

このたびの機械設計記事にも述べられているようにGFRPのリサイクルとしては

どの取組もスケールは小さく世界規模で各社が取り組んでいますが、

思うような進展はありません。

進展はないがFRP廃棄物処理は中国等の受け入れもなくなり更に国内で処理を行う

量は増加し課題は山積みとなっています。

進展があったものは解体等を行う重機類と考えます。

重機が進展すると高剛性に優れたGFRPも容易に粉砕でき埋め立てまでのコストも

抑えられます。

しかし、それでは地球に優しくなくFRPに付属するボルト1本でも分別しなければ

今後のライフサイクル構築は困難です。

我々みんながボルト1本から分別しようと考えることによりリサイクルへの道が開ける

と考えます。

 

このような取り組みは海外でも紹介されています。

※ 当社のFRP廃棄物処理事業がJEC Groupのリリースに掲載されました

 

「FRP廃棄物処理事業」に関するpdfはこちら

 

技術相談におけるFRP廃棄物処理に関してはこちら

 

※FRP廃棄物処理関連記事はこちら。

「FRP廃棄物処理事業」開始いたしました

高圧ガスFRP容器(一般複合容器)の寿命と廃棄処理について

FRP複合容器廃棄処理対応

 

 

 

関連記事