toggle
FRP製品を笑顔と共に

FRP廃棄物処理

FRPは軽量化や耐腐食性を実現するための高機能材料として今後ますます

需要が高まると予想されています。

しかしながら限りある資源、そして次世代のためこの地球を守るためには、

従来のように製品を「つくる」だけでなく、適切に「処理する」ことで

FRPという材料のトータルマテリアルサイクル実現することが重要です。

 

FRP専門家による的確なサポート

FRPを廃棄処理するまでには通常の廃プラと違いFRPと鋼鉄補強等との

複合材を仕様したものが多く解体時に分別が必要です。この分別作業には

FRP製品を知り尽くしていないと分からない部分が多く、FRP成形物の

図面等を叩き台に解体工程を進める必要があります。

当社のFRP取り扱いについて経験豊富な専門技術者が、的確な処理方法に

ついてご提案いたします。

FRP廃棄物処理に関する助言、提案をご要望の際は、こちらのページより

技術相談の項目にてお問い合わせください。

 

高い廃棄物処理能力を有する協力企業との連携

自社でのFRP廃棄物処理が困難な場合、当社の協力企業をご紹介すること

も可能です。解体後の処理の段階においては当社提携企業が所有する最新

大型圧縮により通常の2倍~3倍の大きさ・厚さにも対応可能で、大容量

の一括処理が可能なことから処理コストも大幅に削減できます。

協力会社に対しては当社より、FRPやその複合体処理について専門的な

助言や提案を行うことで、的確な処理作業完遂を支援いたします。

 

付帯設備を含む一括処理に対応可能

当社ではFRPやその複合体以外にも付帯する設備までワンストップで廃棄

物処理に関し、その具体的な方法の提言や助言に加え、協力企業との連携

によりその処理を行うことが可能です。

これにより、発注企業のプラント企業・設備企業にとっても新規設置案件

や改修/補修案件時の早い段階で廃棄物処理方法とその計画の具体化がで

きるため、スムーズな工事推進が可能となります。

 

本事業に関連した許認可としまして、代表取締役 梶山礼子が技術管理者

として解体工事業登録 神奈川県知事(登ー31)第 2049号を取得

しております。

 

FRP廃棄物処理についてご要望のある方はこちらのページよりお気軽にお問い合わせください。

 

 

※FRP廃棄物処理事業関連記事はこちら。

「FRP廃棄物処理事業」開始いたしました